[12/23発売]SPUR(シュプール) 付録あり版 2017年 02 月号  付録付き雑誌

   

今回のご紹介は12/23発売のSPUR(シュプール) 付録あり版 2017年 02 月号です!

付録には【3.1フィリップ リムのフラワークラッチバッグ】がつきます!

この増刊だけの特別付録は、3.1フィリップ リムのフラワークラッチバッグ。 

3.1 フィリップ リムのプレ・スプリングコレクションの中でも、とりわけ注目を集めるエキゾチックなボタニカル柄!インスピレーションソースは、デザイナーのフィリップ・リム自身が愛するカリフォルニアのヴェニス・ビーチの花々を元に描かれています。

70年代のサーフカルチャーへの憧れを込めて、サーフスーツを思わせるスポーティなナイロン素材を使用していますよ。

長めのストラップ付き!

サイズは<高さ20㎝×幅27㎝×マチ1.5㎝> です。

インパクトがありますが、明るくなりそうなハイセンスな付録ですよね。

#SPUR2月号増刊 #増刊だけの特別付録 #31philliplim #明日発売 いまだに、自分が似合う花柄を見つけられずにいます。 ボトムならまだいいのですが、問題はトップ。どちらかというと顔の造形が派手な方なので、たとえば小花柄のブラウスなんか着ちゃうと、「華やか」を華麗に通り越してただ騒がしい。かといって大きめの花柄を選べば、どういうわけかスーパー銭湯の館内着を彷彿とさせてしまう。 この他にも、やけに地味に見える問題や、とんでもなくリゾート感が漂う問題など、デザイン自体は可愛いはずなのに、様々な切り口から花柄の試練は襲いかかってきます。人に喩えるなら、一見とても可愛くて優しそうだけど、実は他人に厳しくて、付き合う相手を厳選するタイプですかね。 #そんなわけでここからが本題 ですが、花柄はもっぱらアクセサリーや小物類で楽しむ派。そして嬉しいことに、まもなく発売される #SPUR2月号増刊(¥880)だけについてくる特別付録がなんと、3.1 フィリップ リムのオリジナルの花柄クラッチバッグなんですね。 鮮やかに躍動するフラワープリントは、プレスプリングコレクションで使われている柄とまったく同じ。フィリップ自身が幼い頃に過ごしたヴェニスビーチで、70年代に盛り上がりをみせたサーフカルチャーに着想を得たデザインです。黒に映える原色の花々は、エネルギッシュでありながらもどこか妖しげでノスタルジックな趣き。モダンなウェットスーツ風素材で、旬のアスレチックなムードも反映しています。 はっきり言って、今回の増刊限定特別付録はかなり贅沢です。コンパクトなクラッチタイプだから、前述した花柄の試練に苦しむ心配もありません。バッグとしてはもちろん、iPad用ケースにもちょうど良いサイズと仕様です。これを手に入れないなんて、あまりにもったいないことだと思います。SPUR2月号は、明日23日の発売です。お楽しみにっ。(編集H) #clutch #bag #flower #SPUR編集H

SPURさん(@spurmagazine)が投稿した写真 -

 - 雑誌の付録ご紹介